【スバルBRZ搭載エンジンのヒミツ】スバルBRZボクサーエンジン

Pocket

【スバルBRZ搭載エンジンのヒミツ】スバルBRZボクサーエンジン【衝撃的な結末が】

スバルBRZボクサーエンジンは、ご存知でしょうか。スバルBRZに搭載されているエンジンです。
今回はこのエンジンの特徴をまとめてみました。どのようなエンジンであったかを知るきっかけになれば幸いです。

出典:http://www.photo-ac.com/

スバルBRZボクサーエンジンの特徴

基本スペック

    FA20エンジンの基本スペック

  • 種類:水平対向4気筒DOHC 16バルブ D4-SデュアルAVCS
  • 排気量:1,998cc
  • 吸気方式:シングルターボ
  • 使用燃料:ハイオクガソリン
  • 最高出力:300PS/5600rpm
  • 最大トルク:40.8kgm/2000-4800rpm

このエンジンの特徴は、スクエア型のエンジンです。ボアとストロークの双方が同じ寸法のときにだけ現れるスクエア型は、その存在が最大の魅力であると言えます。 1
2

スバルBRZボクサーエンジンとは?

スバルBRZボクサーエンジンとは、SUBARUが開発したFB20エンジンをベースに、トヨタの直噴技術である「D-4S」を組み合わせた新開発のFA20エンジンです。エンジンルームを見るとインテークマニホールド上面のカバーに「TOYOTA D-4S」と「BOXER SUBARU」が並んで表記されているそうです。スバルBRZボクサーエンジンは、まさにSUBARUとトヨタの叡智の結晶だと言えます。 3

SUBARUが目指したエンジンの集大成

「SUBARUの走りの歓びは、このエンジンから生まれる。」

そう言って誕生したのが、スバルBRZボクサーエンジンです。スバルBRZボクサーエンジンは、クランクシャフトを中心に水平かつ左右対称に配置されたピストンが、互いの慣性力を打ち消し合うことで、振動の少ないスムーズなエンジン音を可能にしました。さらにスムーズな回転でアクセル操作が向上し、気持ちの良い走行が可能になりました。 またスバルBRZボクサーエンジは、直列やV型よりもエンジン全高が低く、低重心であることに加え、軽量かつコンパクトに設計できることが特徴です。その結果、走行安定性とハンドリング性能が向上しました。これが、SUBARUが作りたかった次世代型のスバルBRZボクサーエンジンです。 4 5

まとめ

スバルBRZボクサーエンジンは、トヨタ86にも搭載されているエンジンです。このエンジンは、すごくバランスの良い計算されたエンジンです。トヨタとスバルの共同開発から生まれたスバルBRZボクサーエンジンは、とてもバランスの良いエンジンで当時は、人気でした。今もこの技術は。使われているようです。この先もこのテクノロジーを次世代のエンジンに是非活かしてもらいたいものです。