スバルBRZとトヨタ86の共通点のヒミツは開発工程にあった!!

Pocket

スバルBRZとトヨタ86の共通点のヒミツは開発工程にあった!!

スバルBRZには、姉妹車があります。その車の名前は、トヨタ86です。どうですか?驚きましたか?
言われてみれば、なんとなく似てるようなって思ったのではないでしょうか?
でも、販売メーカーが違うし、どうして姉妹車なんだろう?
今回は、スバルBRZとトヨタ86について書いていきます。

出典:http://www.photo-ac.com/

共同開発から生まれたスバルBRZ

スバルBRZのコンセプトとスペック

「多くの人が走る楽しさやクルマを操る喜びを感じられるスポーツカー」というコンセプトで開発されています。
公表されているボディサイズは、全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm。ホイールベースが2570mm。新開発の2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載しています。エンジンに関しては、トヨタが開発した直噴システム「D-4S」と組み合わせることによって、ハイパワーと高性能の両立に成功しました。まさに、「新世代のスポーツカーにふさわしい性能を実現した」と言えます。
1

スバルBRZとトヨタ86は、「味付けが違う」と語るSUBARU吉永会長

SUBARUの吉永会長(当時社長)は、スバルBRZについて、「手軽に楽しんでいただく、敷居の高くないスポーツカー。」
と表現しました。さらに、「(走りの)味付けは微妙に違う。」と付け加えました。
つまり、外観は基本的に変わらないが、(骨格は共同のものを使用しているため)走行性能については、自社(SUBARU)の持ち味を活かした作りをしています。
2

スバルBRZとトヨタ86の違いはここだ

スバルBRZとトヨタ86の違いは、サスペンションのチューニングです。これは、トヨタ86の開発チーフエンジニアの多田哲哉氏が語っています。 3 車は基本的に同じだが、色やサスペンションのチューニングで各メーカーの色を出す方が、オーナーに楽しんでもらえるからだと言います。具体的にどこが違うのかと言うと、エクステリア(フロントマスク)、インテリア(インパネ周り)です。また、サスペンションのチューニングにより、スバルBRZは、安定感や落ち着いた走りを実現しています。対して、トヨタ86は、歴代の86を受け継いだ元気さを走りで表しています。
4

まとめ

スバルBRZとトヨタ86が姉妹車であると言われている理由は、共同開発されていたことにあります。そのため、基本シャーシは同じものを使っています。各メーカーが差別化を図ったのは、走りの特色を変えてきました。それぞれ車のコンセプトに合わせて、走りを表現しています。スバルBRZは、安定した走りを、トヨタ86は、元気の良い走りを。そして各メーカー共にそれぞれの良い部分をうまく融合して、新しいスポーツカーを世に送り出すことに成功しました。
今後、SUBARUだけに限らず、各メーカーが共同でスポーツカーを開発できる世の中になれば、もっと業界が発展しスポーツカー離れしていく若者を引き止めれるのではないでしょうか。